わきが・多汗症とは?

わきがとは主に脇の下から独特の悪臭を放つ状態のことを言います。

脇の下の皮膚にはエクリン腺、アポクリン腺、皮脂腺の3つの分泌腺が存在します。
わきがの悪臭の原因はこのうちのアポクリン腺から出される分泌液です。この分泌液そのものにも悪臭がありますが、皮膚の常在細菌によって分解されることでさらに強い悪臭となります。従ってわきがの治療とは、いかにしてこのアポクリン腺を残すことなく除去するかということになります。

  • アポクリン汗腺
    脇のほか乳輪や陰部、耳の穴など、身体の特定の部位にあり、やや粘り気のある汗を分泌。脂肪や鉄分、アンモニアなどからできていて多少の臭いを放ちます。ただこの臭い自体は強いものではなく、汗に含まれる分泌物が雑菌によって分解されると嫌な臭いに変化します。
  • エクリン汗腺
    全身に分布し、暑いときや運動をしたときなどに汗を分泌します。 この汗には体内の熱を放出して体温の調節をするという大切な役割があります。99%が水分、1%が塩分で構成されており、サラッとした質感で臭いもありません。
わきがイラスト
  • アポクリン汗腺
    脇のほか乳輪や陰部、耳の穴など、身体の特定の部位にあり、やや粘り気のある汗を分泌。脂肪や鉄分、アンモニアなどからできていて多少の臭いを放ちます。ただこの臭い自体は強いものではなく、汗に含まれる分泌物が雑菌によって分解されると嫌な臭いに変化します。
  • エクリン汗腺
    全身に分布し、暑いときや運動をしたときなどに汗を分泌します。 この汗には体内の熱を放出して体温の調節をするという大切な役割があります。99%が水分、1%が塩分で構成されており、サラッとした質感で臭いもありません。
わきがイラスト

イナバ法+剪除法(切開手術)

手術は脇の下を4cm程度切開し、イナバという医療器具を用いて皮膚の裏側にあるアポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮膚線を除去する手術です。
最終的にドクターが直接目で見て汗腺を細かく取り除き終了です。
傷跡も小さく、再発の心配がありません。
約80%の汗腺除去が可能とされており、わきが・多汗症のどちらの症状も軽減され日常生活を快適に過ごせる状態になります。

イナバ法+剪除法(切開手術)のメリット・デメリット

メリット
  • 医師の目で確認しながら行うので完治率が高い
  • 普及しているため症例数が多い
デメリット
  • 傷跡が残る
  • ダウンタイムが必要
治療時間 1時間30分
術後の通院 3〜4日後(ガーゼ交換・消毒)
1週間後(抜糸)
カウンセリング当日の治療 可能(要予約)
麻酔 局所麻酔

<生活制限>

シャワー 患部を濡らさなければ当日から可能です
入浴 抜糸翌日から可能です
飲酒 1週間は禁酒です
タバコ 手術直後はお控え下さい
スポーツ 1週間は禁止です

傷の治りを良くする投薬・塗り薬

  • ブレクルスカプセル
    (約1ヶ月分)
    • ケロイド、肥厚性瘢痕症状を防ぎます。
    服用方法:
    1日3回、1回につき1カプセルを服用
  • ケロコートジェル
    <シリコンジェル>
    (15g)
    • 透明なシリコンの層となって傷跡を圧迫し凸凹を徐々に滑らかにします。
    • シリコンの皮膜によって細菌などの外部刺激を遮断し、
      皮膚内部の過度な免疫反応を防ぎます。
    服用方法:
    毎日1、2回塗布。60〜90日間は使用を継続する。

1回の治療で95%以上の実効果が報告されています。
中央クリニックグループ全体で3000件以上の実績があります。(2017年8月現在)

切らない「わきが・多汗症」
最新治療法 ViewHOT(ビューホット)とは

今までのわきが・多汗症の治療は、皮膚を切開しアポクリン腺を切除します。施術時間も1時間程度かかり、施術後に脇を1週間以上圧迫固定するため、日常生活、入浴、仕事等に制限があり、傷痕も残ります。そのため、わきが・多汗症で悩んでいる方が治療をためらうケースも多くみられます。そこで施術効率、身体への負担を大幅に改善した高周波を用いた新理論ビューホット治療が登場しました。
これまでにも切らない治療はありましたが、術後に患部が腫れたり、効果がなかったりと満足できるものではありませんでした。ビューホットは日本人150名以上で検証され、1回の治療で95%以上の実効果が報告されています。
特許技術のクーリングプレートが、治療中の熱から大切な肌を守ります。細い針から出る高周波が、匂いのもとであるアポクリン腺を熱で凝縮し、気になるにおいを止めます。また、汗のもとであるエクリン腺の働きも抑制し、余分な汗を抑えます。

1回の治療で95%以上の実効果が報告されています。
中央クリニックグループ全体で3000件以上の実績があります。(2017年8月現在)

ビューホットによるわきが・多汗症のメリット・デメリット

メリット
  • わきが・多汗症の両方に効果的
  • 切らないので傷跡が残らない
  • 今まで出来なかった様々な部位への施術が可能
  • 日常生活には、ほとんど支障なし
デメリット
  • 2014年より日本に導入された最新治療の為、他の治療に比べれば症例数が少ない
  • アポクリン汗腺を減らすことはできるが、完全に除去できない
治療時間 20分
術後の通院 なし
カウンセリング当日の治療 可能(要予約)
麻酔 局所麻酔

<生活制限>

入浴 当日からシャワー入浴が可能
飲酒 当日は禁酒。1週間は避ける。
スポーツ 軽めであれば翌日より可能
多汗症とは特にエクリン汗腺から
必要以上に汗が分泌される状態のことを言います。

温度や湿度に関係なく、また運動や食事などの汗をかくようなことをしていないにも関わらず、大量に汗が出るのが特徴です。
原因は汗の分泌をコントロールしている交感神経の乱れ、体質や精神的なストレス、食生活、ホルモンバランスなど、様々な要因が絡み合って交感神経が正常に働かなくなることで起こります。
汗が大量に出ることによって、臭いも強くなる傾向にあります。また、症状の強い部位は脇の下、手の平、足の裏など、人によって異なります。

切らない治療 ボトックス注射(脇・手の平・足の裏)

ボトックス注射とは、ボツリヌストキシンを気になる部分に注射することによって汗を分泌する汗腺の働きを抑える治療です。
治療時間はわずか5分で、腫れもなく気軽にできる多汗症治療として人気の治療です。

ボトックス注射による多汗症治療のメリット・デメリット

メリット
  • メスを使わずに注射だけの治療
  • 治療時間はわずか5分
  • 学校、仕事、家事に支障がない
デメリット
  • ボトックスの効果は約6ヶ月弱
治療時間 5分
持続期間 4ヶ月〜半年
術後の通院 なし
カウンセリング当日の治療 可能
麻酔 アイスで冷やします。
※ご希望により麻酔クリーム 別途2,160円(税込)

CONTENTS

PAGE TOP

わきが・多汗症 浜松中央クリニック 静岡県浜松市

Hamamatsu Chuoh Clinic

浜松市中区砂山町330-11 日総工産第2ビル4F

電話で予約・相談・お問い合わせ

tel:0120077623

完全予約制 9:30〜20:00

インターネット予約・相談

  • メール予約
  • メール相談