こちらでは様々な事情での除去方法をご案内致します。タトゥー・刺青除去

よくある質問 Q&A

ピコレーザーQ&A

レーザー治療は痛くないのですか?
ゴムを弾く程度の痛さと言われています。痛みの感じ方は個人差があり、照射する部位によっても異なります。
痛みに弱い場合は、麻酔クリームのご用意がございますのでご安心下さい。
レーザーを照射した後の肌は、どのようになるのですか?
従来のレーザーだと白くなりやすく、ムラや色素沈着、ヤケド跡が残ってしまうことがありましたが、最新ピコレーザーはインク周辺の組織に与えるダメージが少ないので傷跡が残ることはありません。
照射直後は、軟膏薬やテープを使用して、照射した部位を保護します。かさぶたは、1~2週間程で剥がれます。かさぶたが剥がれた後の肌は、とてもデリケートな状態ですので、肌へのダメージを抑えるため、UV対策が必要です。
レーザーを照射した日は入浴できますか?
当日から患部を濡らさないようにしてシャワー浴が可能です。
入浴は3日後より可能です。
レーザー治療の際、傷跡は残りますか?
メスを使いませんので傷にはなりません。
ただし、タトゥー・刺青を入れることで、すでに肌へダメージを与えているため、肌の質感は若干異なりますが、ほとんど目立たない状態になります。ピコレーザーのような新しい機種は、治療時の肌へのダメージが少ないので、治療跡がほとんど分からなくなります。
レーザー治療の場合、きれいになるまでにどのくらいの期間がかかるのですか?
治療期間は、刺青の範囲や色、深さによって異なりますので、一概には言えませんが、 除去するまでには数回の照射が必要になります。
肌の回復を待つため、次の照射までには1~3カ月ほどの期間をあける必要があり、これまでのレーザー(QスイッチYAGレーザーやルビーレーザーなど)では、1年~2年はかかると言われていました。
肌へのダメージが少なく、色素の粉砕力が強いピコレーザーでの治療では、多くの場合、半年~1年程で治療が終了しています。
ピコレーザーは、どうして治療期間が短いのですか?
レーザーを照射する際には、レーザーによるダメージから肌が回復するのを待つため、次の照射までに3カ月ほどの休止期間を設ける必要がありました。
ピコレーザーは肌へのダメージが少ないため、これまでのレーザー(YAGレーザーやルビーレーザーなど)よりも休止期間を短くすることができます。
また、タトゥー・刺青の色素を粉砕するパワーも強いため、1度の治療でより多くの色素を粉砕することができ、照射回数が少なくなります。休止期間が短縮し、照射回数も減少することで、治療期間が大幅に短縮されています。
ピコレーザーは、これまでのレーザーとは何が違うのですか?
ピコレーザーとは、ピコセカンド(1兆分の1)で照射できるレーザーのことです。
従来のナノセカンド(10億分の1)より、パルス幅(照射する時間)が短くなることで、一定時間に照射できる回数が増え、タトゥー・刺青の色素を粉砕するパワーもアップしています。
これまでは難しいと言われていた多色のタトゥー・刺青にも対応ができ、肌へのダメージが少ないのも特長です。
多色のタトゥー・刺青は、レーザーでは取れないと聞いたのですが。
従来から使用しているYAGレーザーやアレキサンドライトレーザー、ルビーレーザーでは、赤や黒の色素には対応しますが、その他の色への対応が難しいため、多色のタトゥー・刺青の徐々は難しいと言われていました。
しかしながら、色素の破砕力が強いピコレーザーが登場したことで、多色のタトゥー・刺青にも対応できるようになりました。
アイラインのアートメイクもレーザー治療できますか?
可能です。眼球に害を与えない為にアイシールドを装着しての施行となりますので、治療は安全です。

切開法Q&A

手術はどんなタトゥー・刺青でも可能ですか?
皮膚を縫い合わせる切開法は、極端に広範囲なものでなければ対応が可能です。
1度の手術で除去できるのですか?
タトゥー・刺青の大きさによります。切開法の場合、小さなものは1度で済みますが、範囲が広い場合は、数回に分けて除去する必要があります。
手術によってタトゥー・刺青を除去した場合、傷跡はどのようになりますか?
切開法の場合は、タトゥー・刺青の大きさと場所によって異なりますが、皮膚を切っているので、線のような傷跡が残ります。
治療直後は少し目立ちますが、年月をかけて少しずつ目立たなくなっていきます。
傷跡がきれいになるには、どのくらいの期間がかかりますか?
手術をした部位や範囲、ご本人の体質等によって異なりますが、傷跡が目立たなくなるまでには、1年程かかります。
手術の場合、傷跡が消えることはありませんのでご了承下さい。
術後に腫れや痛みはありますか?
タトゥー・刺青の範囲にもよりますが皮膚を切開していますので、1~2週間くらいは腫れがあったり、つっぱるような感覚があります。
術後のダウンタイムはどのくらいになりますか?
タトゥー・刺青の範囲にもよりますが、翌日から日常生活を送ることができ、デスクワークでしたら、術後2~3日で職場復帰が可能です。
抜糸までの期間は傷口が開いてしまう危険性がありますので、患部への負担を軽くするようにお過ごしください。
抜糸後は皮膚の突っ張り感や引きつれる感じがございますので、軽い運動は2〜3週間後、激しい運動は3〜4週間くらいは避けるようにした方が良いでしょう。
手術を受ける際に気をつけることはありますか?
切開法手術の場合、皮膚を切り縫い合わせるため、バストラインやヒップラインに影響を与えることもありますが、傷口は時間の経過と共に硬さが取れ、次第につっぱり感がなくなってきますのでご心配であれば事前にご相談下さい。

アブレーションQ&A

治療後、ガーゼはどのくらい当てることになりますか?
新しい皮膚が出来上がるまでは、軟膏とガーゼを貼っていただきます。
目安は早い方で1ヶ月、遅い方でも2ヶ月くらいになります。
アブレーションの跡はどのくらいで消えますか?
アブレーション後の跡は消えてなくなることはありませんが、最終的には火傷の跡としては残ります。
施術後の患部は約半年間は赤みがあり、その後肌色に近い状態になるまでは1年程掛かります。
仕事はどのくらいできないものですか?
アブレーションは安静が必要です。新しい皮膚が出来かけて剥がれ…と繰り返してしまうので治療後1ヶ月は重たいものを持ったり、運動したりすることは控えて頂きます。
痛みはありますか?
局部麻酔を行いますので、大きな痛みはごさいません。
痛みが心配な方には念のため痛み止めを処方しておりますのでご安心下さい。
通院はありますか?
皮膚の治りの状態を見させて頂くためにございます。
通院の回数や期間は、施術範囲などにより異なりますので、医師の判断とさせて頂きます。
入浴はいつからできますか?
当日から患部を濡らさないようにしてシャワー浴が可能です。傷口が乾きましたら、入浴が可能となります。
どんなタトゥーに向いてますか?
アブレーションは、関節部位など切開が難しい部位やお急ぎでレーザーで対応することのできないタトゥー除去に効果がある治療法です。

その他Q&A

今まで他院でレーザー照射を何度か行いましたが思っていたより取れずこの先不安です。
心配なので一度診察してもらう事はできますか?
可能です。タトゥーの中でもトライバルの様な真っ黒にしっかり入ったものはレーザー照射でもかなりの回数がかかる事が予想されます。
診察にて判断させて頂きますが、切開法・皮膚削除法の選択肢も視野に入れて頂くとよろしいかと思われます。
一度、切除法の手術を行いましたが、傷が大きく決してキレイな傷とは言えません。
修正手術は可能ですか?
可能です。以前に行った手術から半年以上経たれているようであれば一度診察にいらして下さい。手術が可能かを判断させて頂きます。
どのような支払い方法がありますか?
現金・カード(一括)・医療ローン(5万円以上の施術の方・有職者の方)にて60回までの分割が可能です。ローンをご希望の際は事前にお申し出下さい。

CONTENTS

PAGE TOP

タトゥー・刺青除去 浜松中央クリニック 静岡県浜松市

Hamamatsu Chuoh Clinic

浜松市中区砂山町330-11 日総工産第2ビル4F

電話で予約・相談・お問い合わせ

tel:0120077623

完全予約制 9:30〜20:00

インターネット予約・相談

  • メール相談
  • メール予約