手術後の生活について

手術後

  • 脂肪吸引の手術後は、入院せず日帰りで帰る事が出来ます。ただし、静脈麻酔や全身麻酔を使用する為、車などでの運転は避けお帰り頂きます。
  • *

  • 麻酔の影響で当日はだるい感じが残りますので、ご自宅に帰られた後はゆっくりお過ごし下さい。
  • *

シャワー入浴

  • 手術翌日よりシャワーは可能です。
    シャワーは圧迫固定部位を濡らさないようにして浴びて下さい。
    脂肪吸引後の圧迫固定は、術後3〜4
    日後に外しますので、その後は全身シャワーが可能です。
    7日目の抜糸後の翌日より、入浴は可能です。
  • *

手術後の通院4日後、7日後

  • 脂肪吸引術後、3・4日後と7日後の2回通院して頂きます。
    (ご都合が合わない場合はご相談下さい。)
    ・1回目の通院では、手術後に行った脂肪吸引部位の圧迫固定を外します。この後からは、圧迫固定の代わりに脂肪吸引部位にサポーターをつけます。 サポータータイプのストッキングやガードルウェストニッパーなどで圧迫して頂きます。
    (サポーター等で圧迫する事により、腫れを出しにくくし、むくみを抑えます。)
    ・7日目の通院では、小切開部位の抜糸を行います。
    これで通院終了です。
    その後、心配な事などございましたら、いつでもご連絡下さい。
  • *

手術後の痛み

  • 脂肪吸引直後は、麻酔を行っていますので痛みはありませんが、術後数時間後より少しずつ痛みが出てきます。
    痛みは個人差が大きいので一概には言えませんが、通常お渡ししている鎮痛剤等でおさまる程度です。
    痛みのピークは手術後の翌日ですが、日が経つにつれ急速に減少していきます。
  • *

手術後の内出血

  • 脂肪吸引手術後は内出血が出ます。
    内出血は脂肪吸引部位全体に現れるのではなく、所々打ち身の時のアザのように現れます。この内出血は3週間前後かけて消失していきます。

手術後の腫れ・むくみ

  • 内出血と違って、腫れは脂肪吸引の部位全体に出ます。
    また太ももや二の腕の術後では、脂肪吸引をしていないふくらはぎやひじ下にもむくみが現れる事があります。
    これは重力に従ってむくみが下に向かうからです。
    むくみは1週間程度で引いていきます。
    脂肪吸引部位の腫れは、大まかな腫れは2週間程度で引いていきますが、全体的な腫れが完全に引くまでには3ヶ月お待ち頂きます。

手術後の固さやでこぼこ感

  • 腫れと同様に、脂肪吸引部位が固くなる事があります。
    これは脂肪層や皮膚が収縮するからです。
    この収縮の為、皮膚表面にはでこぼこ感が現れる事がありますが、この固さもでこぼこ感も手術後3ヶ月程でなくなっていきます。

手術後の傷跡

  • 脂肪吸引時、カニューレ(管)を入れた所の傷跡は、縫い縮めるので5ミリ程の傷まで小さくなります。
    始めのうちは赤い1本線ですが、最終的には白い線となりほとんど分からなくなります。

美容外科 美容整形 脂肪吸引

Hamamatsu Chuoh Clinic

浜松市中区砂山町330-11 日総工産第2ビル4F

電話で予約・相談・お問い合わせ

tel:0120077623

完全予約制 9:30〜20:00

インターネット予約・相談